下関 ジム 流行 将来性
   
トレーニングって家でも出来るし、お金払ってまで入会する意味あるのかな?
それは、人それぞれだね。自分に好ましい環境があると思うよ!
そうですよね。でもフィットネス業界は今後盛り上がりそうだし入会しといたほうがいいかも!

それはそうだね。海外産のプロテインやサプリメントもどんどん増えてきているね!今回はそんなジムの流行や将来性を解説しよう!

下関ジムランキングBEST.20

下関ジム ランキング一覧

ランキング 1位 王冠銀2位 王冠銅3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位
サービス フィットネスクラブSOL 下関 ジム フィットネスクラブSOL詳細を見る Body Make Gym LEAD 下関 ジム Body Make Gym LEAD詳細を見る ゴールドジム 下関 ジム ゴールドジム詳細を見る サンテココア 長府店 下関 ジム サンテココア詳細を見る サンテココア シーモール店 下関 ジム サンテココア詳細を見る ウイング 下関 ジム ウイング詳細を見る ライザップ 下関 ジム ライザップ詳細を見る ホリデイ 下関 ジム HOLIDAY詳細を見る メディック やまうち 下関 ジム メディック やまうち詳細を見る
コスパ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆
アフターケア ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆
清潔度 ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
設備 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆
評判 ★★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆
公式サイト

ジムの流行

現在、下関でも様々なタイプのジムがありますが、昔からこんなにバリエーション豊かであったのではありません。 ではジムのトレンドがどのように移っていったのでしょうか。 こちらはセントラルクラブ株式会社のIR情報を参照したものです。フィットネスクラブの始動は1965年です。現在55歳の方が生まれたと同時に、民間スイミングクラブとしてフィットネスクラブが登場しました。その後1970年代には数多くのフィットネスクラブが誕生しています。フィットネスクラブ業界の黎明期です。主に20代女性が利用しておりました。1980年代に入るとスイミングクラブの大型化が始まり、企業の福利厚生として受け入れられるようになります。この影響でスイミングクラブが一気に一般化しました。 ジム プール 1980年代後半には郊外にも大型のスイミングクラブが付帯ジムが誕生し始めます。この時の主な利用者は30~40代女性です。バブルに入ると一気に業種転換し、スイミングクラブからフィットネスジムへと変わっていきました。 また、バブルの影響で富裕層が増加し、都心には高額フィットネスジムも登場しました。日本経済が良くなり、フィットネスクラブの景気も良くなり始めると新たなフィットネスジムが乱立するようになります。なんと年間200店以上も開業しておりました。エアロビクスが普及したのもこの時です。 しかし好景気は長く続かずバブルが崩壊してしまいます。 金融危機 数多くのフィットネスジムは経営難に苦しみ、「入会金0円キャンペーン」など趣向を凝らした戦略も生まれましたが新設のフィットネスジムは多くが倒産してしまいます。この頃には、フィットネスジム利用者の年齢層は徐々に中高年に食い込み始めています。1990年に入り景気も持ち直し始めるとフィットネスクラブの再編が行われました。経営基盤をより強固にするためにフィットネスジム同士の合併や買収が盛んに行われます。 2000年に入るとジムのプログラムとして格闘技が入ってきました。ボクシングやカポエラなど今まで体験してこなかった運動を取り入れることで新たな楽しさを生み出すようになりました。2004年にはアテネオリンピックが開催されることでフィットネスクラブの人気に火が付き、翌年には市場規模4000憶円台に乗りました。その後もフィットネスジムの新設・統合・買収が頻繁に行われます。 2007年には任天堂WiII Fitが発売され、消費者の健康意識が急激に高まります。 年配の方と・子供が同じゲームを楽しむようになり、健康寿命への意識も高まります。2013年にはホットヨガが流行し女性の大きなブームになりました。そして最近では小規模のフィットネスジムが数多く新設しております。背後にあるのはフィットネスへの費用対効果の考えが高まったことが理由に挙げられるでしょう。人の体は一人ひとり骨格が異なり、その人に合ったフィットネスがあります。それには整体に詳しいトレーナーと共にフィットネスしていくことでしか得られません。 私の友人は週に2回パーソナルフィットネスジムで自分に合った体の鍛え方を学びつつ、他の日は大型フィットネスジムで学んだことを元にトレーニングする!といった方が多くおります。それほど自分に合ったトレーニングを学ぶことは大切なんですね。

総合スポーツクラブのメリット・デメリット

総合スポーツクラブとは、従来からある総合施設としてのスポーツクラブのことを指します。ジムマシンをはじめとする各種運動器具・設備を皮切りに、プールや大浴場・サウナ、エクササイズなどができるスタジオ、球技場などが併設されている場所もあります。有料・無料のさまざまなオプションが用意されていて、トレーニングの指導、エクササイズプログラム、スポーツ大会やサークル活動などもあります。利用料金は月額制ですが、ジムを利用する時間帯(平日のみ、午前中のみ、など)や利用できる範囲(特定店舗のみ、近隣エリアのすべての店舗、など)によって料金が異なります。 以下総合スポーツクラブのメリットデメリットについてまとめておきます。

メリット

  • 設備やサービスが充実している
  • 友人ができて交流が広がることがある

デメリット

  • 設備投資が高いためコストが高い
  • 自分次第で辞められるので続けにくい
  ジムによって良い面・悪い面ありますね。   パーソナルジム・24時間ジムの特徴やメリットについても時間があるときに書いていこうと思います!

ジムの将来性

ジム市場は今後、より一層多様化していくでしょう。 高齢化に伴い、健康寿命に注目した事業は多数存在し、アンチエイジングや医療と共に今後10年で最も伸びる産業といわれています。 そしてジム・トレーニングへの知見が深まることで自分に合ったトレーニング方法を知りたい!という消費者がより一層増加します。この期待に応えるためにジムが多様化するのです。そしてそこに楽しむ要素も加わってきます。現在はヨガを通じたフィットネスが有名ですが将来的に乗馬を通じたフィットネス・ダンスを通じたフィットネスなど盛んになるでしょう。 そんな多様化する中で大切なのは「トレーナーが整体に精通しているか」という点です。間違ったトレーニングで時間とお金を無駄にすることのないようにしっかり見極めましょう。
 
 
マリーゴールドさん
ジムって長い歴史があるんじゃのぉ!ジムに通いとうなってきたなぁ!
適当に入会したら思うちょったのと違うプランで登録されちょった!ということもあるのでしっかり準備をして登録するようにしよう!
コメントを残す